頭頂部の育毛について

若い時は誰だって自分の頭が危うくなるなどとは考えません。
30代になり突然のごとく頭皮が透けるなどして焦って対策を始める方がほとんどです。

 

 

皆さんは髪の毛を増やす時どのような手段を使っていますか。
頭皮マッサージという方法もありますが、やはり効果的なのは育毛剤です。

 

 

頭皮マッサージも確かにいいのですが、これは若い時から長い間かけて予防していないと、効果が現れにくいのが難点です。
マッサージはあくまで血行促進作用でしかありません。指の腹で頭皮を押すことは、毛細血管を刺激して血流を良くします。

 

ただそれだけでは変化がほとんど見られません。

 

 

 

 

 

 

ですから、育毛剤に頼る他ないのです。
近年では育毛剤需要の高さもあってか、育毛剤の効果も上がってきました。
即効性がないとばかり評判だった育毛剤でしたが、もうそんなことはありません。

 

 

これまでは血行促進がメインでした。
また皮脂が薄毛の原因だと言わんばかりに、汚れを落とすことなども重要だと言われてました。
しかし実際は違います。男性の薄毛は男性ホルモンが関与しています。

 

 

そのために育毛剤を使用します。
しかし、何を買ってもいいというわけではありません。育毛剤は、その選び方が大変重要になってきます。

 

 

一体自分が何を欲していて、どの育毛剤が自分に一番適しているのか、を見極めて購入するようにしてください。

 

 

血行促進ももちろん大事ですが、抜け毛の原因となるDHTを抑制する育毛剤を使用することがおすすめです。
有名なのはプロペシアです。病院でのみ処方されます。

 

 

育毛剤としてはノコギリヤシがあります。
こちらはサプリメントとして有名です。ノコギリヤシも5αリダクターゼの働きを阻害してDHTを抑制する働きがあります。

育毛対策には頭皮ケアも大事

育毛で大切なことは、頭皮をどれだけ大切に出来るかにあります。
育毛のために育毛剤やシャンプーを利用することは大変効果的なことですが、
こうした効果を発揮するためにはまず頭皮を清潔な状態に保っておかなくてはいけません。

 

 

頭皮が汚い状態になっているとせっかく使った育毛を促進するための育毛剤が浸透しません。
まず頭皮を綺麗にするためには皮脂汚れを落とさなくてはいけません。

 

 

まず注意したいのがシャンプーです。
薄毛、抜け毛の多い人の特徴にフケが出やすいというのがあります。
こちらは男性ホルモンなどの影響で代謝が活発になり、フケが角質としてどんどん剥がれている状態です。

 

 

さらにフケはカユミ、炎症などを引き起こしてしまいます。
このような不安定な頭皮に対して刺激の強いシャンプーは絶対避けたいところです。
シャンプーの刺激で余計に皮脂が過剰に分泌して、毛穴が詰まる原因となります。

 

 

 

頭皮の中に皮脂が存在すると育毛の阻害をするどころか抜け毛の原因にもなってしまいます。
皮脂が毛穴につまり酸化すると毛根にある細胞活動が弱くなります。

 

 

シャンプーは刺激の弱いアミノ酸シャンプーがおすすめです。
有名ドコロはスカルプDなどがあります。頭皮を優しく洗うことが育毛の下準備になります。

 

 

 

また、髪の毛は主にたんぱく質によって出来ているのですが、栄養が十分でないと髪は細くなります。
では具体的にどのようにすれば良いかと言うと、頭皮の血行を良くする必要があります。

 

 

 

髪の毛に行く栄養素は血液の流れに乗って運ばれていきます。
血行が良くなって来ると頭の細胞も活性化されるようになるので、育毛剤を使用するのがおすすめです。

 

 

また日頃の運動、食事などについても検討する必要があります。
とくにお肉や脂肪分の多い食物ばかり食べていると血液がドロドロになるので
野菜なども積極的にたべるのがおすすめです。

 

 

30代 育毛対策

30代後半から抜け毛が気になり始めました。
育毛は育毛剤のことが大々的に取り上げられがちですが、その前に洗髪をしっかりすることが必要です。
頭皮を清潔にしておかないと、どんなに優れた育毛剤でも効果がないからです。

 

 

シャンプーでも洗いすぎは厳禁です。
必要以上に皮脂を摂り過ぎると、余計に皮脂が分泌して毛穴がつまりやすくなります。
その結果、細菌が発生してフケやかゆみを引き起こします。

 

 

なるべくアミノ酸シャンプーを使用しましょう。
皮脂を摂り過ぎるシャンプーは薄毛対策にはおすすめできません。

 

 

そして育毛対策です。
まず、始めたことは、洗髪時に使う先端に軟らかいゴムがついたマッサージヘッドの購入でした。
頭皮全体を10本の指でマッサージしたあと、マッサージヘッドを使います。タイマーをかけて3分間はゆっくりと優しく頭皮マッサージをします。

 

 

 

重要なのはゴシゴシとやるのではなく、小刻みに動かすような感じゆっくり行います。忘れがちなのですが、
頭頂部が薄くなっている場合でも、側頭部側もしっかりマッサージをすることです。

 

 

頭皮は1枚でつながっていると考え、頭頂部を柔らかくもみほぐしても、全体が柔らかくならなければ効果がありません。
頭皮全体が前後左右に動くような柔らかさが、育毛にとって大切になるわけです。

 

 

マッサージで毛細血管を刺激してやります。
血行がよくなることで毛根まで栄養を届きやすくしてやります。
栄養が届くと毛母細胞の働きは活発になり、髪の毛は成長します。

 

 

 

シャンプー後はしっかりとシャワーを頭皮に当てて、すすぎを丹念にします。
風呂から上がったあとの育毛剤は、タオルで水気をふき取った後、すぐに振りかけてマッサージしてください。
頭皮にしみ込ませるように10本の指を使いながら、優しく繰り返してください。

 

 

 

 

個人差もありますが、根気よく6カ月も行えば、目に見える効果が出てきます。

 

育毛剤で薄毛にアプローチ

育毛剤が薄毛や抜け毛対策としてはたらく作用には、おおまかに分けて3つの働きがあります。

 

 

 

 

 

 

1つ目は男性ホルモンに作用するもので、男性ホルモンが抜け毛や薄毛の原因になっているという説に基づき、その原因に直接作用させようというものです。原因にぴったり作用すれば効果は抜群にでるはずなのですが、ホルモンと抜け毛の関係にはまだ不明な点も多く、効果がある部位が限定的であったりとまだまだ研究段階にある作用です。育毛剤で多いのはノコギリヤシです。ノコギリヤシには特殊酵素「2型5αリダクターゼ」の働きを阻害する作用があり、男性ホルモンによる抜け毛を抑制する作用があります。

 

 

 

2つ目、血管を拡張させたり、血圧を上げて頭皮の血流を促進させ、栄養を豊富に送り込むことで頭皮の健康を促進しようというものがあります。育毛環境を整えるアプローチなので、抜け毛や薄毛の原因に関わらず一定の効果があると考えられている作用です。ただし、原因を抑えているわけではないため、効果が薄いという場合もあります。血行促進作用は多くの育毛剤に含まれています。センブリや人参、酢酸トコフェロールなどの成分が血管を拡張して血流量を増やします。血流量が増える事で栄養分を毛乳頭に届け、育毛をサポートします。

 

 

 

3つ目は頭皮環境を健やかにする働きです。抗炎症、保湿、殺菌作用などでフケやかゆみ、炎症などを予防することで地肌の荒れを抑制します。地肌が荒れると毛穴がつまりやすくなり、髪の毛の成長力は低下します。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムをはじめ、植物エキスなどが頭皮環境を整えます。

 

 

これらの育毛剤はアプローチの仕方がどれも異なっているので、ひとつの方法では効果がないという場合でも別の方法では大きな効果がある場合があります。育毛剤を試すならばこの3種を念頭に置いて、全てのアプローチを試すようにしてみましょう。おすすめの育毛剤は育毛剤とサプリメントがセットになったBUBKAやチャップアップなどにはこれらの働きがすべてあるのでおすすめです。